大阪へいってきました
看板に圧倒されました
いつものとおり  作 矢菱虎犇 お別れ  作 Tome館長
ちっぽけな自分だけど  作 まほ ダメよ。  作 Tome館長
お年玉  作 海野久実 君を置いて  作 Tome館長
生きるとは目に見えないものを信じること 作 まほ 娘のダンナ   作  雫石鉄也
関西の人の優しさに沢山触れることができた2泊3日の外出でした。
驚いたのはタクシーです。私のような電動車いす(24kg)は重たいので、
札幌では敬遠されがちですが、嫌な顔一つしないで乗せてくれました。
inserted by FC2 system